サイトメニュー

おかしいと感じた時には

女子学生

早めのチェックが良い結果になる

高校生でもうつ病にかかることになります。若くて元気が良い見本みたいな思春期を過ごす彼らですが、ひょっとしたことからうつの病を発症することもあると言われます。特に多くなって来ているのが受験を控えた2年生くらいからの発症で、自分が考えるほど勉強が進まずに行き詰まりを感じてしまうことが原因です。子供の頃対戦ゲームにはまり負けそうになるとリセット出来たことが、勉強ではリセット出来ないもどかしさから前向きに考えることが出来なくなっていることも、要因の一つとも考えられます。他の人と競争する心が薄く、自己嫌悪になってしまう傾向が強くなっていることもうつを引き出す要素でもあります。そんな高校生には、早めのうつ病チェックを行うべきです。急に元気がなくなった、食欲がないなどの状態が2週間以上も続くとうつ病と診断される可能性もあります。うつ病チェックをすることで症状を掴むことが出来、病院での対応も早く出来ることになります。症状が重くなる前にチェックを行うことで、早期の回復を目指すべきです。

高校生がうつ病チェックでうつ病となった場合合でも、治療方法は休養させたりすることが大事であり、医師の指導の基で精神療法が行われたり薬物の服用も考えられます。高校生が休養することは授業や受験競争から遅れを取ると考えがちですが、休養ほど大きな効果を与えるものはないと信じるべきです。休養することで一時的にも勉強や競争を忘れることが必要と考えましょう。この時家族の人はせかさないことが重要で、温かく見守ることに徹するようにします。また病院に通うことになるのですが受ける精神療法では、医師が患者さんと対話を重ねることになります。高校生ならでは悩みや問題を少しでも和らぐことが、うつ病改善に役立つ方向と思われます。更に薬物を服用することもありますが副作用の心配もあり、小量の抗うつ剤から始めることになり、安定度が判断出来ることで服用量を増やすなどの調整を行います。服用後の効果はすぐに出るものではなく、2週間とか3週間と言う時間を要することになり、焦りは禁物です。うつ病チェックはおかしいと気がついた時には行うことが望ましく、早い回復を期待出来ることになります。

Copyright© 2019 多感な時期なので、心身の不調を感じやすい傾向があります All Rights Reserved.